白無垢?ドレス?結婚式の形式について

白無垢を着て挙げる神前式・仏前式

まずは白無垢の衣装が映える和式の「神前式」と「仏前式」です。白無垢とは表裏が白一色の和服で、花嫁が着る婚礼の衣装の事です。
「神前式」は、神様の前で結婚を誓う、神社やホテルの神殿で行われる挙式で、神職が式を挙げてくれます。厳かな感じで固いイメージのある式と思いがちですが、実は教会式より縛りが少なく、近年静かなブームとなっています。収容できる人数が少ない場所が多く、親族や近しい友人のみが参列できるケースが多いスタイルです。日本古来からの挙式スタイルです。
「仏前式」は、文字の通り、仏様の前で行われる挙式で、両家のどちらかの菩薩寺、または仏前式ができるホテルなどで挙げられます。ご先祖様に結婚の報告をし、出会えた「縁」に感謝するスタイルで、両家の結びつきをより感じられるお式です。

ドレスを着て挙げる教会式・キリスト教式・人前式

ドレスを着て挙げる洋式のスタイルが「教会式」と「キリスト教式」です。どちらも神の許しを得て生涯の愛を誓うスタイルです。
「教会式」とは、一般信者に向けてミサが行われるキリスト教の教会で行う教会専属の牧師が執り行う式の事をいいます。キリスト教の信者のみ、また信者でない場合は勉強会や礼拝などを受けないと挙げる事ができません。肌の露出の少ないドレスを着るなどの色々な決まり事のある厳かな挙式となります。
「キリスト教式」は、ホテルや式場の結婚式専用のチャペルで挙げる挙式の事です。キリスト教徒でなくても挙げる事ができます。式の流れは教会式とほぼ差はありません。多くのカップルはこの形式で結婚式を挙げている一番人気のスタイルです。
また、他にも「人前式」があり、形にとらわれず、自分たちのオリジナルな式を挙げる事ができるスタイルもあります。神仏ではなく参列者に対して愛を誓うので、どんな場所でも出来ますし、人気があります。

ロマンティックにパートナーと結ばれたい方は、ムードある地で式を挙げる方法があります。結婚式を神戸で迎えると、海が身近で夜景がきれい、ファッションとスイーツ豊かなメモリアル・ウエディングが期待できます。