先輩花嫁の式場選びの体験談とおすすめポイント

違和感を感じる式場はやめておこう。

先輩花嫁として、式場選びをする際に気をつけて欲しいことがあります。それは、直感を無視しない事です。
式場選びをする際にこだわったのが挙式会場でした。ブライダルフェアに出かけて見た広い芝生と白い教会がとてもキレイで一目ぼれをしました。「スタッフの動きが悪いな」「ちょっとした気遣いが足りないな」と思ったのですが、それほど気にせず、その日のうちに予約を入れてしまいました。
結婚式の打ち合わせを何度か重ねるうちに、プランナーが何度も同じ問い合わせをしてきたり、連絡のやりとりがうまく行かなかったりしましたが、なんとか無事に式の当日を迎える事ができました。
しかし、挙式中に事件は起こりました。
指輪の交換をする際に、神父さんから出された指輪が見た事もない指輪だったのです。慌ててスタッフを呼ぶと「とりあえずこの指輪をつけて式を終わらせてください」と言われてしまい、自分たちの指輪をつけることができませんでした。
ブライダルフェアに出かけたときに感じた嫌な感じをもっと気にしておけばよかったです。

式場選びで失敗しないために。

結婚式は、自分たちだけの式ではありません。私の場合は、指輪をほかのどこかのカップルのものと入れ違いにされてしまい、自分たちが迷惑を被っただけで済んだのが不幸中の幸いでした。しかし、結婚式は、わざわざ親族や友人などが好意で来てくれるお披露目の会です。ゲストに不愉快な思いだけはさせてはいけません。
前もって、ブライダルフェアや式場の下見に行って、実際の結婚式がどのように進行していくのか、スタッフがしっかりとした気遣いができるか、テキパキと動いているかなどのチェックをしておくことをオススメします。
結婚式での失敗は、のちのちまで後悔する場合もあります。せっかくの一大イベントなので、素敵な結婚式を挙げるようにしましょう。

結婚式場を神戸市内にすると、新幹線の新神戸駅や神戸空港を使って遠方のお客様にも快適にアクセスしてもらうことができます。